組合の沿革

昭和42年  4月14日 茨城県知事の許可により、江戸崎地方衛生土木組合設立。
昭和43年  6月 衛生車両(収集車)2台を購入し、申込制によるごみ有料収集を開始する。
 7月 1日 第1号ごみ焼却処理施設(固定火格子バッチ燃焼式)稼動開始する。
昭和44年  9月14日 組合事務所の位置を江戸崎町大字高田424番地とする。
昭和48年  9月21日 不燃ごみ圧縮機使用開始。
昭和50年  4月 1日 ごみ収集が無料化(全戸収集)
11月19日 第2号焼却施設(機械化バッチ燃焼式)が稼動開始。
昭和54年  3月31日 第1号ごみ焼却処理施設廃止する。
昭和55年  2月15日 ごみ処理施設排水処理施設稼動開始。
 4月 1日 粗大ごみ処理(破砕)施設稼動開始。
昭和58年  3月31日 不燃ごみ圧縮機廃止する。
 4月 1日 粗大ごみ処理(圧縮)施設使用開始。
昭和60年  4月 1日 資源物集団回収事業を開始する。
平成 元年  9月30日 第2号ごみ焼却処理施設廃止する。
ごみ処理施設排水処理施設廃止する。
10月 1日 第3ごみ焼却処理施設(流動床式焼却施設)稼動開始。
焼却処理施設の名称を「環境センター」とする。
平成 5年  3月25日 不燃物処理・資源化施設稼動開始。
 4月 1日 ごみ収集を指定袋による収集を開始する。
平成 8年  2月28日 火葬・斎場事業1期造成工事竣工。
平成 9年  6月 2日 火葬・斎場事業2期造成工事竣工。
平成10年 11月16日 火葬・斎場の名称を「聖苑香澄」とする。
平成11年  2月18日 火葬・斎場新築事業(火葬炉設備を含む。)竣工。
平成11年  4月 1日 聖苑香澄供用開始。
平成13年  7月 2日 排ガス高度処理施設整備事業により施設工事着手。
平成13年  6月 1日 ペットボトル拠点回収開始。
平成14年 12月25日 排ガス高度処理施設竣工。
平成17年  3月22日 市町村合併により「稲敷市」誕生する。
平成17年 10月 1日 ごみ収集指定袋再構築により組合で本格的に実施。
平成20年  7月29日 ごみ減量等推進審議会を設置する。
平成22年  1月15日 ごみ減量等推進審議会より、ごみ減量等推進計画策定に対する答申書が提出される。
 1月21日 稲敷市・美浦村地域循環型社会形成推進地域計画を策定する。
 3月 ごみ処理基本計画を策定する。
 8月24日 ごみ分別検討協議会を設置する。
平成23年  3月31日 第2号ごみ焼却処理施設を解体する。
10月 1日 新可燃性粗大ごみ処理施設建屋・ストックヤード建設工事着手。
10月12日 新可燃性粗大ごみ破砕機本体及び据付工事着手。
平成24年  1月 1日 施設整備検討委員会を設置する。
10月25日 新可燃性粗大ごみ破砕機竣工。
平成25年  1月29日  新可燃性粗大ごみ処理施設建屋・ストックヤード竣工。
4月 1日 資源ごみ収集を開始する。

(プラスチック容器包装・紙製容器包装・新聞、雑誌、ダンボール)

11月8日 圧縮梱包施設竣工。